セレック治療

天然歯のように白く美しい歯に

cerec0

「笑顔の美しさ」に自信を持てなくなっていませんか?

金属の(銀歯など)詰め物や被せものなどで口元の美しさが損なわれているのに

  1. 治療費が高い
  2. 何度も通院する時間が無い
  3. 結局またむし歯になって次は銀歯しか入れられない

など、様々な理由でせっかくの笑顔に自信を持てなくなっている患者さんから多数の相談をいただくようになりました。
そこで当院では医療先進国のドイツで開発された最新のシステム「セレックシステム」導入いたしました。

セレックは医療先進国のドイツで開発されたコンピュータによって自動的に歯の修復物を制作するシステムです。
CCDカメラで簡単にお口の中を撮影し、そのデータを元に作成する歯の形を3D処理を行いながら作り上げるので歯型を取る必要もなく天然歯のように白く美しい歯に仕上げることができます。

セレックの特徴

1.予防効果が高い

セレックはセラミックという自然の歯に近い素材を使っているので、今までのような金属の詰め物やかぶせものに比べて摩耗による隙間が出来にくく、隙間から新たなむし歯になる可能性が大幅に低下します。

通常は技工士による手作業で修復物を作製します。技工士によるセラミックの生活歯への15年後の装着率が68%であるのに対して、セレックシステムによるセラミックブロックを削りだす工程では93%と明らかに成功率が勝っています。このことは、生活歯を保護する点において予防的効果が高いことの証明といえます。

つけ爪のようなラミネートベニアという修復方法がありますが、技術的に難しく耐久性に難があるため、技工士も歯科医院も敬遠しがちです。しかし、生活歯をなるべく削らない予防的視点からは推奨できる修復物です。このラミートベニアをセレックシステムは容易にかつ精密に制作することができます。

2.経済的である

  1. セレックシステムで制作された修復物は、技工士が作製した修復物に比べて長持ちするため、再制作にかかる医療費を押さえることができます。
  2. セレックシステムでは、通常、技工所(技工士制作)から歯科医院での修復物の装着まで約1週間かかるのに比べ、圧倒的に患者さんの待ち時間コストが低くなります。
  3. 技工士制作の修復物コストは、人件費が約90%あまりを占めていますが、セレックシステムでは人件費がかからないため、通常の50%程度のコストで制作できます。

3.審美性が高い

  1. 通常の歯形の採取はシリコン材などを使いますが、セレックシステムでは光学印象を採用しているため修復物の精度が非常に高く、審美性に優れています。
  2. いわゆる「金歯」「銀歯」など金属による修復をしないためお口の中は常に自然な感じを保つことができます。

セレックを活用した治療の流れ

1.CCDで患部を撮影(型取り)

専用のカメラによってお口の中の撮影を行います。
小さなカメラを口の中に入れて患部を撮影するだけなので、楽に撮影する事が出来ます。CTやレントゲンのように放射線による撮影ではありませんのでどなたにも安心です。

2.コンピュータで立体化

撮影した画像を元にコンピュータで立体化を行い、理想の形を導き出します。
歯科医師が監修しながら患部の歯だけではなくお口の中全体のバランスを考えた歯の形を設計します。

3)高速で歯を削りだす

セラミックのブロックを高速で削りだし、コンピュータで設計した歯の形を忠実に再現します。
通常、歯科技工士による削りだしにり技工物として歯を削り出すので時間も費用もかかっておりましたがセレックシステムにより短時間で高精度な詰め物や被せものを制作します。

4)2回の来院で治療完了

出来上がったセラミックの歯をお口の中に装着して治療完了です。2回の来院で装着が可能です。

cerec0