患者さんに寄り添う治療

皆さんこんにちは。寒さもやっと少しはゆるんできたようで、お元気でお過ごしでしょうか。

さて、今回はちば歯科の教訓の一つである、「患者さんに寄り添う治療」のお話をさせていただきます。文字通りではありますが、まず私が一番治療するにあたって心がけていることは患者さんの声をよく聞くということです。歯の治療のことはもちろんですが、体調もことや仕事、家庭などさまざまな面から患者さんの立場で物事を考えるようにしております。そうすることで患者さんの小さな変化を見逃さず、治療に役立てるようになりました。歯の治療が好きで来院される患者さんはなかなかいらっしゃらないと思うので、少しでも安心できる環境づくりをこれからも目指して頑張りたいと思います。歯科衛生士 千葉真理子